日焼け止めの効果を最大限にして肌を守りたい

暑くなってくると照りつける太陽、そして何より紫外線による日焼けが気になります。
日焼け止めを塗ったのに結果的に肌が焼けしてしまったという経験を持っている方は少なくありません。
日焼け止めは正しい方法で塗らないとその効果が半減してしまいます。
具体的には、日焼け止めを塗る時間が重要です。
日焼け止めを塗ってすぐに外出ではなく、お出かけする30分前に肌に塗り込むように心がけてください。
理由は、日焼け止めの成分が皮膚に浸透する時間が30分ほど必要だからです。
さらに気を付けたいのは、日焼け止めを塗った直後に上着を羽織ってしまうことです。
上着に日焼け止めが付いてしまうばかりか、上着と肌が触れることで日焼け止めの効果が薄れてしまいます。
結果的に紫外線対策としての効き目がなくなってしまいます。
何かを羽織る場合も、30分前に日焼け止めを塗り終えるようにしてください。
強い日差しから肌を守るためには、日焼け止めを塗るタイミングが大切です。


sub置換